宝石・時計・メガネ・補聴器のコンシェルジュ~1947年創業、豊富な知識と確かな技術力を兼ね備えた専門店

 
宝石・時計・メガネの川口宝石・時計・メガネの川口

HEARING AID/補聴器


当店では、宝石・時計・メガネ共、ブランド品をはじめ高品質・良心価格の品を豊富に取り揃え、様々なシーンに合ったひと品をご提供いたします。

ご家族といっしょに聞こえをチェックしてみましょう

聴力の低下は自分では気が付きにくいものです。
自分の聞こえのこと、どこまで把握していますか?
「この頃、会話がちょっと・・・」という方や「そろそろ補聴器を・・・」という方、生活の中での聞こえの状態をチェックしてみませんか。
 
▼聞こえの自己チェックシート(クリックすると拡大表示できます)

 

聴力の低下について正しく理解しましょう

聞こえにくくなるのは何故だろう
音は耳介から外耳道に入り、その奥の鼓膜を振動させ、ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨を通して蝸牛に達します。蝸牛の内部には音の強弱や高低を分析し電気信号に変える有毛細胞が並んでいます。そして有毛細胞の分析結果は聴神経を通して脳に伝達され、そこで音として認識されるのです。
聴力の低下は、こうした耳の各部分がその役割を充分に果たせなくなった時に起こり、大きく分けて次の3つのタイプがあります。
  • 伝音難聴 中耳炎や鼓膜の損傷など、外耳から中耳にかけての障害が原因です。医学的な治療が可能とされています。
  • 感音難聴 内耳以降の感音器の障害が原因です。加齢と共に聞こえにくくなったり、長期間・長時間騒音にさらされていたことによる聴覚障害はこのタイプです。一般的には医学的な治療による改善は困難とされています。
  • 混合性難聴 伝音難聴と感音難聴の両方の症状がみられます。

 
声は聞こえても言葉が理解しにくいのは?
聴力低下の3つのタイプのうち、感音難聴は年齢を重ねることにより誰にでも起こり得る現象といわれています。聴力が低下しはじめる時期は人によって異なり、その程度も様々ですが、一般的にはまず高い音から聞こえにくくなり、左右の聴力が同じレベルで低下していくのが特徴です。しかし、「あ、い、う、え、お」といった、周波数の低い母音を聞き取る力はそれほど低下しないので、自分ではあまり聞こえにくいという感じがしないのです。
また、「声は聞こえていても、何を言っているのかわからない」ということがあるのも、音の高低や区切りが判断しにくくなっている状態、つまり、母音に比べ周波数の高い子音を聴き取りにくくなっているから起きる現象だといわれています。

折込チラシ・イベント

現在新しい情報はありません

お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-23-3467

  • 9:45~19:00(平日)
  • 10:00~18:30(土・日・祝祭日)

 *定休日第1・2・3木曜日

宝石・時計・メガネ・補聴器の川口
 〒073-0021
 北海道滝川市本町2丁目1番30号

▲スマホ等携帯端末用QRコード